気になる!奥さんの抜毛の原因①

女性にも起こる抜毛のネック。
妻の抜毛は紳士の抜毛はまた集団が違う。
紳士の抜毛では、生え際や胸のてっぺんの周辺が薄くなっていきます。
それに対し妻の場合は、髪の生える原野はそのままですが、ボリュームが減ってしまうのが特徴です。
「まさに昨今髪が薄っぺらになってきた」と感じている顧客はこういう抜毛が素因かもしれません。
では、妻の抜毛の原因は何でしょうか。
ではそこからひも解いていきたいと思います。
主な原因は5つあります。
●1.退化が素因によるホルモン分散の乱調 ●
層を重ねていくと妻ホルモンの分泌の容積はだんだんと減っていきます。
こういう妻ホルモンには、ヘアーの進化というどうしても重要なかかわりを持つエストロゲンというものがあるのですが、それが不足してしまうとヘアーがやせてしまったり、抜けてしまうことになります。
こういうエストロゲンは、30価格の半ば以降に減ってくるのですが、40歳を流れる時から激しくその容積は減っていくようになります。
また、毛髪包のシステムが替わり、繊維化して仕舞うという究明結果も出ていらっしゃる。
●2.産後のホルモン分散の乱調●
妊娠している間、エストロゲンは減っていらっしゃる。但し、分娩が終わると減っていたエストロゲンは元に戻ろうというします。
この時、急速にエストロゲンが増えていくためにホルモン分散が壊れ、それにより抜毛が多くなることがあります。
まれにですが、デヒドロテストスレロンと呼ばれる紳士ホルモンが病的に高くなってしまっている場合もあるようです。ミュゼ宮崎